「簡易査定(机上査定)」と「訪問査定」について

ネット上などで、物件のデータから査定額を算出することを「簡易査定(机上査定)」といい、反対に、物件を直接見て査定することを「訪問査定」といいますが、査定結果が決定するまでに必要な時間はどちらが長いと思いますか。まず、簡易査定に必要な時間ですが、長くてもわずか1時間程度なので、とりあえず査定を受けたいという時には最適かもしれません。さて、訪問査定に必要な時間ですが、担当者が物件を訪問するのは30分から1時間と、簡易査定と変わりませんが、そのあと各省庁に調査をする必要があるので、数日から1週間前後かかることもあると知っておいてください。悪質な営業の被害を考えると当然かもしれませんが、個人情報を知られずに物件の査定をしてもらいたいと考えている人が増えたため、個人情報がいらずに一括査定が可能なサイトを使う人も珍しくありません。

その利点は、悪質な営業を受けるリスクを回避できるうえ、きな臭い会社にご自身の詳しい個人情報が渡る危険性を防ぐことができます。

一方で、匿名では簡易査定しか受けられないため、おおよその査定額しか出してもらえないでしょう。
色々な理由から一戸建ての売却時に値がつかない場合があります。
例えば古い物件では、マイナスポイントとなる建物をなくし土地のみにするか、解体費用の負担をお願いしたいと、言われてしまうことがあります。

また、こだわりのつまった一戸建てでは新築時に建築費が通常よりかかるにもかかわらず、売却時には同じ感性の買い主が見つからずに、こだわっているにもかかわらず思ったより価格が伸びない場合があります。

不動産物件の査定額は、その建物の使用状態によって大きく変化します。
もし売りに出したい物件の壁紙がめくれてカビが生えているといった場合や、浴室や洗面所の劣化が激しく、クリーニングを依頼しても綺麗にしきれないといった場合、リフォームが有効な手段になるかもしれません。新築同様にすることで、査定額が上がります。とはいえ、もし、リフォーム費用の方がアップした分の査定額を上回ってしまえば、損をしないとも限りません。ですので、一旦、現地査定を受けた上で業者の視点から、リフォームするかどうかのアドバイスをもらった方が確実です。

土地の相場価格、類似物件の販売実績などの条件から、不動産の査定額は決定されます。共通する査定基準というものもありますが、その会社ごとに特有の査定項目があるために、提示される査定金額が異なるのです。

不動産会社は、売り主に対して、算出された査定価格の根拠をきちんと示す必要があると宅建業法が定めています。何か気になることがあれば納得できるまで質問しましょう。不動産査定を行う際に注意していただきたいのが、悪徳業者の存在です。

一斉査定を受けた場合に、桁外れに高い査定額を出すような業者は用心しておきましょう。ですから、物件の相場が分かるというのも一括査定をおススメする理由です。
または、査定結果についての疑問を尋ねたとき、答えられないような業者は関わらない方が良いと思います。バブル期に建てられた築30年ものの戸建など売主側が築年数の古さを気にしている物件でも、最近はリノベ目的で探している人もいるので、一定の需要があります。それに最近では、広い延床面積を持つ家だと、シェアハウスとして使えるよう改築したいという買主が現れるパターンもあります。売却前に住居の建物検査を受けるなどして、建物の耐久性に問題がないことが判れば、売却交渉も有利に進むでしょう。

特に問題となることなく、自分のマンションを売った場合、忘れてはならないことの1つは、納税の手続きです。所得税や住民税などの手続きが必要なのです。売却の際に受けとる利益には税金が発生します。しかしながら、売却したマンションが売却前に暮らしていた物件である際には、まず、3000万円の特別控除、そして、特別軽減税率といわれる特例があります。
確定申告をする際に、税金について調べれば、少し日数を要しますが、納税額が手元に戻ります。
ご存知の方も多いと思いますが、不動産査定は一つではありません。

「訪問査定」と「机上価格査定」を使い分け、査定額を決定しています。
訪問査定は、そのまま会社が現物の物件を見て査定することで、直接見る分だけ査定の精度が高くなります。

机上価格査定では、物件の各種データのみを根拠にして査定額を決定します。
例えば、間取りや築年数に代表される物件そのものの情報や、土地相場、過去の販売実績などから簡易的な査定を行うのです。どうしても、訪問査定よりも正確さには欠けてしまうとはいえ、ある程度の参考になるでしょう。一戸建ての売却をする場合に不動産屋を探すポイントは不動産屋には得意な分野がありますので、そこを見てみましょう。それぞれの不動産屋によって一戸建ての売却が得意、という場合や中古マンションの売買の方が得意という不動産屋も営業しているので、選択する時は自分の用途に合っているか確認しましょう。

それから、戸建てを売ろうとする際に、一括査定サイトが役立ちます。

複数の不動産屋へ簡単に依頼でき、査定額を比較することで、相場がわかるはずです。不動産を査定する際、条件について揉めるケースもないわけではありません。なぜそうなるかというと、大部分は確認不足だとか、勘違い、小さなミスなどが重なったことなどによります。

気持ちが舞い上がりがちですが、条件確認はしっかり行い、記録しながら話を進めると良いでしょう。
不明点はもちろん、確証がない点なども早いうちに問い合わせたりして、疑問は持ち越さないようにしましょう。
放置していると困るのは自分ですし、初期なら訂正で済むことがほとんどです。
不動産会社は独自の査定基準を持っていますが、マンションでは、主に二つのポイントから査定額を算出します。
まず重視されるのは地理的な問題です。
どの業者でもチェックするのは、街の利便性を左右する周辺環境の充実や交通機関の有無、あるいは景観を含めたマンションの建っている「場所」に対する評価になります。もう一つが物件自体の査定になります。築後、何年経過したのかや、設備や階層、エントランスや廊下などの共有部分、周りの騒音や振動の有無、部屋の方角や日当たり、セキュリティーに不足がないかを主にチェックします。

このような、詳細な基準をもって最終的なマンションの査定額が決定されます。
通常、業者に不動産の査定を依頼する際は、売却物件の情報以外に依頼者の情報も伝達するのが当然でした。まだ先の話なのに、個人情報をもとに何度も営業をかけてくる恐れがあったので、査定額が知りたいのに依頼できないケースも多かったでしょう。

最近、そういった懸念を払拭する動きは業界にもあり、匿名で査定依頼可能なサービスも現れつつあります。家や土地などの不動産を売りたいときは、このように煩わしさのない新サービスを利用すると良いかもしれません。

戸建てを売却するにあたっては、自分で買い手を見つけるのでなければ、不動産屋への仲介手数料が発生します。売買価格の3.24%に64800円を加えた金額を超えてはならないとあらかじめ法律で定められているため、売買価格にある程度見当がつくのならば仲介手数料もおおよその金額がわかります。

ただ、仲介ではなく、不動産業者自身の買い取りとなるのなら、仲介手数料はいりません。

それに、所有権移転登記の際に発生する費用は原則として買い手側が負担することになっています。どの不動産仲介業者を選べばいいのか迷っている方も多いと思います。

おススメの選び方としては、一括査定サイトにアクセスし、条件を入力して簡易査定を行います。

すると、複数の不動産仲介業者から査定結果が届きますから、良さそうだと感じたところに現地査定を依頼し、直接、業者とコンタクトできる機会をつくってください。見積価格の根拠や相場など、こちらの素朴な疑問点にも、親切丁寧に答えてくれる担当者のいる業者であれば、まず間違いないと思います。どれだけ査定額が高くても、受け答えに誠実さを感じられなかったり、強引に契約させようとするところは関わらないようにしましょう。こちらもどうぞ⇒スマイスター売却査定の評判と口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です